名刺印刷に関する常識や知識をご紹介します

TEL0778-51-8578

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)

名刺の裏面にビジネスチャンス!〜裏面の活用方法〜

2018年10月31日
デザインについて

名刺の裏面もデザインすればビジネスチャンスが広がる

表だけでも名刺の役割は果たします

名刺の表面には相手が必要としている情報を印刷します
名刺とは、自分が何者なのか、自分の情報を正確にわかりやすく伝えるものです。 名刺を渡すことによって1番基本的な情報を相手に覚えてもらいます。 そのため表面には、どうしても相手に受け取って欲しい情報(お名前、連絡先、会社名、肩書など)を印刷します。これらの情報を相手にお渡しできれば、名刺本来の役割は果たせるため名刺は片面印刷でも全く問題はありません。

しかし裏面は白紙のままにしますか?

片面印刷の場合、もちろん裏面は白紙になります。何も印刷されていないただの白いスペースです。 単純に真っ白で何も書いていないそのスペース・・・・ もったいないです!!! 表面はしっかりデザインされているのに裏面は白紙という方、必見です!
もし皆さんが誰かから名刺をもらった時、表面に目を通した後、裏面も何か書いてないかチェックしませんか? 皆さんチェックしますよね? それくらい裏面に何らかの情報が印刷されているというのが今や当たり前のことになっています。名刺の両面印刷はいつの間にか一般的なものなんです・・・・!

名刺の裏面が重要な理由

しかし名刺の裏面は、何かを印刷しなければいけないというルールはありません。 印刷しなければいけない情報は表面に印刷してあるからです。つまり名刺の裏面は伝えたい内容を好きなように印刷できます!

さらに! 名刺は、100%受け取ってもらえます。
名刺の表面には相手が必要としている情報を印刷します 目を通しもせずにゴミ箱行きなんてことは、ほとんどありえません。

名刺はその人の分身ともいわれるくらい大切に扱われるべきものです。 またスムーズな仕事のために最低限必要な情報が印刷されています。 そたのめ、受け取った相手には高い確率で見てもらえ、さらに保管される可能性も高いという大きな強みを持っています。

このチャンスを活用しない手はない

名刺はビジネスシーンで必ず渡すものです。 裏面を上手く活用することで、名刺を今よりももっとビジネスに役立てることができるかもしれません。
上記のご説明のとおり名刺の裏面とは 「自由記述ができる、100%渡せる販促ツール・広告」です。
販促効果にむすびつくような情報をアピールできれば、ビジネスチャンスは広がると思いませんか?

電脳名刺おすすめ!裏面の印刷内容

販促効果にむすびつく情報をアピールすればいいとは分かっても、問題は何を載せれば良いのかですよね。
そこで電脳名刺おすすめ!名刺裏面の印刷内容を目的別にご紹介します。

外国の方と交換するなら

  • 英語表記

英語表記は必須ですね。名刺の裏面と言えば最もポピュラーかもしれません。だた、外国の人と名刺を交換する機会がない人には裏面を英語表記で終わらせてしまうのはもったいないです。

まずは会社をしってもらいたい

  • 事業案内
  • 事業所案内
  • 企業理念
  • 沿革
  • 商品・サービス

ビジネス名刺には一番おすすめの内容です。初めて取引する会社の方の場合は、まず会社のことを知ってもらわないと 取引は始まりません。

チラシよりも効果的な広告媒体に

  • 商品・メニュー案内
  • 割引・特典情報
  • 地図
  • 営業時間
  • 値段

お客様が利用しやすくするためにおすすめの印刷内容です。飲食業やサービス業の方には特におすすめです。

信用や安心感をあたえる

  • 企業理念
  • 沿革
  • 保有資格
  • 実績
  • 主要取引
  • 所属団体

信用してもらい安心してお付き合いいただけるよう、信用確保と権威付けのための情報です。

親近感をあたえ、相手との距離を縮める

  • 仕事以外のプロフィール
  • 経歴
  • 趣味
  • 座右の銘
  • 顔写真
  • 一言メッセージ

権威のような「すごい」ではなくあなたを「身近」に感じてもらうための情報です。営業職や販売スタッフ、個人経営の方におすすめです。

お役立ちのため

  • 豆知識
  • メモ欄

相手にとって使い勝手のよい名刺にすることができる内容です。

とにかく印象に残したい

  • キャッチコピー

キャッチコピーとはとても威力があるそうです。それは人の脳は知識としての情報よりも 感覚的にインパクトのある情報を記憶しやすいからといわれています。

以上、裏面のおすすめ印刷内容をご紹介しました。
ただし先ほども述べましたように名刺の裏面の印刷内容にルールはありません。他社とは差別化ができるオリジナリティ溢れる内容がいい方はぜひアイディアを練ってみてください。
今まで片面印刷で名刺を作成していた方は、この機会に一度裏面の印刷もしてみてはいかがでしょうか。
電脳名刺では裏面用のデザインテンプレートもご用意しております。そのままのデザインでご注文いただくのはもちろん、デザインの参考にも。ぜひ一度ご覧くださいませ。