名刺印刷に関する常識や知識をご紹介します

TEL0778-51-8578

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)

名刺マナーが厳しいのは日本だけ?海外の名刺文化

2019年01月30日
使い方について
海外と日本の名刺文化の違い。名刺交換の仕方

出張の前に知っておきたい名刺に対する考え方の違い

名刺の裏面を英語表記にした名刺は皆さんもよく見かけますよね。
弊社にも英語表記の名刺はたくさんご注文頂いております。
それだけ海外との取引をしている企業が多いということでしょう。

海外では日本のような名刺交換は不要です

日本ではビジネス上で初めて取引をする人(初対面の人)とはまず、名刺交換をするのが当たり前です。
しかし、その常識は海外でも同じように通じるとは限らないとご存知ですか?
名刺は海外にもありますが、名刺文化の違いにより名刺を渡すタイミングや扱い方は国によって異なります。
そこで今回はアメリカをメインに海外の名刺文化をご紹介します。

日本での名刺交換

日本では初対面の人とはまず名刺交換をする文化です。そのためビジネスシーンでは欠かすことのできないアイテムです。
そして日本は世界で最も名刺を使用する国だそうです。

また日本での名刺交換には細かいマナーがたくさんありますよね。
・お会いしてから名刺をすぐに取り出せるよう準備しておく
・自分の名刺を相手の名刺より必ず下に持つ
・上司より先に名刺を出さない
・もらった名刺はすぐしまわない
・立場が下の者、来訪者から先に渡す
・テーブルを挟んで交換しない
・話が終わるまでテーブルの上に置いておく
・相手が複数の場合は、相手方の席順と同様に並べておく
・メモを書き込むときは、必ず相手と別れてから見えない場所で記入する

などなど・・・細かいマナーがたくさんですね。
新入社員はこのマナーを覚えるのだけでも一苦労です。

しかしこれは作法に厳しい日本だからこその礼儀正しい習慣だと言えます。
日本人の礼儀正しさがわかると日本へ訪問した海外の人からは絶賛の声もあるようです。

誰でも初対面の人に丁寧に自分の名刺を扱われると、
気持ちよく一緒に仕事していけると感じることができますよね。

アメリカの名刺に対する考え方や文化

アメリカでも名刺はビジネス上で使われ、活用方法も変わりませんが、日本ほど頻繁に交換はされません。

また日本のように細かいマナーもありません。
わざわざ席を立って両手で渡たすことはせず、資料を渡すように片手で渡すことも多いです。
さらに日本では考えにくいですが、名刺を持ってくるのを忘れるケースもあります。
つまりアメリカでは日本ほど「名刺交換」を重要視していなということになりますね。

そして日本との一番大きな違いは名刺交換のタイミングが違うことです。
アメリカでは日本のように初対面の挨拶と同時に名刺は渡しません。
名刺交換をするよりも握手をします。
さらに握手をしなががらお辞儀をして目線が外れてしまうことは、失礼にあたってしまうこともあります。
また握手はそっと握るだけでは興味が薄いと感じられてしまう可能性がありますので
今後の取引の意気込みをこめて、手はしっかり握ってください。

名刺を渡すのは商談が終わった後や別れ際で問題ないとされています。
あくまでも名刺は、後日また連絡を取り合うために渡すものという考えが一般的のようです。
日本ではマナー違反になる、名刺へメモをする行為もアメリカでは普通です。
ちょっと驚いてしまうかもしれませんが
名刺に対する考え方の違いなので割り切ってください。


アメリカでの初対面の挨拶は 「握手をしながら目を見てしっかり自己紹介をする」 です。名刺交換よりも握手をして相手の目を見て自己紹介を

その他の国の名刺文化

アメリカだけではなくその他の国でも名刺に対する考え方や文化は異なります。
ドイツやロシアはほとんど名刺を使うことはなく、
イギリスは重役のお偉いさんがビジネスよりもパーティなどで渡す時に使用し
フランスでは管理職以上の人しか名刺は使わないそうです。

アメリカだけではなくヨーロッパでも名刺交換はあくまでも連絡先の交換の為のものだという認識があり
日本の厳しいマナー通りに名刺交換をしても評価はされません。
握手や自己紹介といったコミュニケーションの方が重要視されています。


ただし中国や韓国は欧米より名刺に対する考えは日本に近くなるようです。

韓国は日本と同じように初対面の人とは名刺交換をします。
中国は、外国人とのやり取りでくらいしか名刺は使用しませんが
名刺交換は両手で差し出し、すぐにしまわずしっかり目を通しましょう。




このように名刺に対する考えやマナーは国によって異なります。
訪れる国のマナーに合わせる必要がありますので
ビジネスで海外に行く際は、事前に情報を集めておきましょう。

欧米の名刺はおしゃれなものがたくさん存在する

日本ほど名刺交換は重要視されないといっても
欧米の名刺はおしゃれで凝ったデザインや紙質のものがたくさんあります。
みなさんもおしゃれな海外の名刺見たことありませんか?

しかし日本での名刺はどんなに偉い人でも大企業でも普通のペラペラとした名刺用紙が多いです。

伝統文化の「手漉き和紙」日本ならではのこだわった名刺印刷

せっかく海外で名刺を渡してくるなら、名刺交換にこだわる日本人として
凝った紙で作った名刺をお渡ししませんか?

電脳名刺では日本の伝統文化の「手すき和紙」を使った和紙名刺をご用意しております。
海外ではきっと珍しがられる名刺になりますので
名刺に興味をもってくれるのではないでしょうか?


無料サンプルもご用意しておりますのでぜひ一度、実際に紙質・印字品質をご確認くださいませ。